プロフィール

写真撮影:星野道夫 ハバード氷河の崩壊

 

 

写真:星野道夫(写真家)

 

1952年9月27日千葉県市川市生まれ。慶応大学経済学部卒業後、アラスカ大学野生動物管理学部入学。以後、アラスカを生活の基盤にして撮影・執筆活動をする。多くの国内誌をはじめ「National Geographic」などに作品を発表。「アニマ賞」「木村伊兵衛写真賞」受賞。1996年8月8日、取材先のカムチャツカ半島クルリ湖畔でヒグマの事故により急逝。享年43歳。

 

 

 

お話:星野直子(星野道夫事務所)

 

19935月に写真家・星野道夫さんと結婚し、同年6月にアラスカのフェアバンクスに移住。1994年、長男誕生。結婚3年後、カムチャツカ半島での事故により、道夫さんを失う。その後「星野道夫事務所」を設立し、道夫さんの写真の紹介を続けている。

2005年、新潮社から「星野道夫と見た風景」を刊行。

 



マンドリン演奏:松田憲之

 

1971年小樽商科大学マンドリンクラブに入部。マンドリンを始める。在学時に小樽プレクトラム・ソサエティ(アマチュア団体)に入団。1994年プレットロ・ノルディコ(アマチュア団体)の立ち上げに参加。現在、同団のコンサートマスターを務める。

プレットロ・ノルディコHP

 

マンドチェロ演奏:市川敦嗣


北海道大学獣医学部在籍。「北海道大学チルコロ・マンドリニスティコ・アウロラ」にてマンドチェロを弾き始める。マンドチェロはバイオリンオーケストラで言えばチェロに相当する低音楽器。昨年開かれた第7回大阪国際マンドリンコンクールB部門で優勝。

 

ギター演奏:矢野正


13歳より独学でギターを始め、その後早坂洋一氏、安藤英明氏に師事し、2000年より平佐修氏に師事。プレットロ・ノルディコやムジカ・クラシカTにて演奏活動中。 

このサイトは2012年6月開催の、スライドと講演「星野道夫と見た風景」のためにヒマラヤ圏サパナが制作しました。このサイトに掲載されている「撮影:星野道夫」写真の著作権は全て星野道夫事務所に帰属します。© NaokoHoshino MichioHoshinoOffice All rights reserved.

ヒマラヤ圏 サパナ
〒062-0932

札幌市豊平区平岸2条7丁目1-11-402

Tel:011-887-9700 

Tel:090-1309-9799

Fax:011-595-8553